MacOSでsudo時にパスワード入力を省く方法

開発時に、/private/etc/hostsを頻繁に書き換える時(vi sudo /private/etc/hosts)など、都度sudoで自分のパスワードを入力するのがしんどい時があります。そんなときは、visudoを実行して、sudoの権限設定を変更することで、パスワードを求めない設定に変更できます。

$ sodo visudo
~~~~~
# root and users in group wheel can run anything on any machine as any user
root ALL = (ALL) ALL
%admin ALL = (ALL) ALL
[自分のユーザ名] ALL=NOPASSWD: ALL <- 一行追加
~~~~~