kintone 仕様メモ2

kintone資格試験に向けたメモです。自分の理解のために書いているので、あまり参考にならないかもしれません。

スペース

ユーザーがスペースでできる操作
操作 スペースの管理者 ほかの参加者 ゲスト
スペース 設定の変更 ×
参加メンバーの変更 ×
本文の編集 ×
検索
削除 ×
ゲストスペース 設定の変更 × ×
参加メンバーの変更 × ×
ゲストの招待 × ×
本文の編集 × ×
検索
削除 × ×
スレッド 追加
本文の編集 自分が作成したスレッドのみ可
削除 自分が作成したスレッドのみ可
スペース内アプリ 追加 アプリの作成権限を持つユーザーのみ可 ×
設定の変更 アプリの管理権限を持つユーザーのみ可 ×
検索
削除 アプリの管理権限を持つユーザーのみ可 ×
使用 アプリのアクセス権の設定に応じた操作が可能
関連リンク 追加 ×
削除 ×

 

ゲストスペース

通常ライセンスの契約をしていないユーザを招くスペース。招くユーザーひとりにつき、1つのゲストライセンス契約が必要。

招かれたユーザーが自分で通常のライセンスを契約している場合は、ライセンスの共通化を行うことで、ゲストライセンスが不要になる。かつ、シングルサインオンできるようになる。

ゲストはスマホアプリを使えない。

スレッドアクション

スレッドに書き込んだコメントの情報を引っ張って、任意のアプリのレコードを新規作成する。

スレッドアクションを実行すると、指定したアプリのレコード追加画面が表示され、関連づけたフィールドにコメントの情報がコピーされる。

通知

通知が送信されるタイミングと宛先

  • レコードタイトルは、28文字目以降が省略されます。
  • 次のユーザーには、通知は送信されません。
    • レコードを操作した本⼈(試験時によくハマる)
    • アプリやレコードの閲覧権限を持たないユーザー
  • スマートフォンアプリ「kintone モバイル」では、⾃分宛の通知をスマートフォンの通知として受け取 れます

検索

  • A AND B
  • “A B” (順序つきAND)
  • A OR B
  • A NOT B (Aの結果からBを除外)
  • 組み合わせ検索不可
  • 全半角区別なし。
  • 日本語、中国語の2文字以上の単語は2文字以上のキーワードが必要。
  • 英語は単語単位。部分では検索ヒットしない。
  • PDF, Office系の全文検索にも対応している。