VSCodeの拡張機能”solidity”でコンパイラバージョンを指定する

VisualStudio CodeでSolidityを使って開発する際に利用する拡張機能に”solidity”があります。この拡張機能はインストール直後、デフォルトで最新版のSolidityコンパイラを指定するため、少し前のコンパイラを対象としたコードでは、pragma行でエラーが表示されてしまいます。

VSCode起動→メニューから基本設定→設定

拡張機能をクリックして、Solidity Configurationを選択。

Compile Using Local Version 欄の、settings.jsonで編集をクリック。

左ペインの “solidity.compileUsingLocalVersion”: null をコピー、右側にペーストし、nullを指定したいコンパイラバージョンに書き換え。

ファイル保存したら、VSCode再起動。