CryptoZombiesコード解説 SafeMath

CryptoZombiesのコードを解説します。コントラクトの関係全体を見たい方はこちらへ。

library SafeMath

みんな大好きSafeMath。
数値演算のアンダーフロー、オーバーフローを検知し、安全に実施するためのライブラリです。Ownable同様、OpenZepperinからの流用です。Solidityのuseは、派生コントラクトにも影響を与えます。したがって他のZombieXXXコントラクトも、SafeMathによる安全な数値演算を使うことができます。

関連するレッスン、チャプター

  • Lesson 1, Chapter 9
  • ソースコード・解説

    
    pragma solidity ^0.4.18;
    
    /**
     * @title SafeMath
     * @dev Math operations with safety checks that throw on error
     */
    // ライブラリ宣言
    library SafeMath {
    
      /**
      * @dev Multiplies two numbers, throws on overflow.
      */
      // 掛け算は割ったら元の数になるか確認。
      function mul(uint256 a, uint256 b) internal pure returns (uint256) {
        if (a == 0) {
          return 0;
        }
        uint256 c = a * b;
        assert(c / a == b);
        return c;
      }
    
      /**
      * @dev Integer division of two numbers, truncating the quotient.
      */
      // 0割はEVM任せ。0割以外の割り算は検算不要。整数同士なので。
      function div(uint256 a, uint256 b) internal pure returns (uint256) {
        // assert(b > 0); // Solidity automatically throws when dividing by 0
        uint256 c = a / b;
        // assert(a == b * c + a % b); // There is no case in which this doesn't hold
        return c;
      }
    
      /**
      * @dev Substracts two numbers, throws on overflow (i.e. if subtrahend is greater than minuend).
      */
      // アンダーフローをチェック
      function sub(uint256 a, uint256 b) internal pure returns (uint256) {
        assert(b <= a);
        return a - b;
      }
    
      /**
      * @dev Adds two numbers, throws on overflow.
      */
      // オーバーフローをチェック
      function add(uint256 a, uint256 b) internal pure returns (uint256) {
        uint256 c = a + b;
        assert(c >= a);
        return c;
      }
    }
    

    CryptoZombiesコード解説 SafeMath」への1件のフィードバック

    コメントは停止中です。