CryptoZombiesコード解説 Ownable

CryptoZombiesのコードを解説します。コントラクトの関係全体を見たい方はこちらへ。

contract Ownable

コントラクトのオーナーに関する基本的な関数を実装しているコントラクトです。CryptoZombiesではmodifier onlyOwner()がよく使われています。元はOpenZeppelinのコードです。

関連するレッスン、チャプター

Lesson 2, Chapter 3.

ソースコード・解説


/**
 * @title Ownable
 * @dev The Ownable contract has an owner address, and provides basic authorization control
 * functions, this simplifies the implementation of "user permissions".
 */
contract Ownable {
  address public owner;

  event OwnershipTransferred(address indexed previousOwner, address indexed newOwner);

  /**
   * @dev The Ownable constructor sets the original `owner` of the contract to the sender
   * account.
   */
  // このコントラクトをEthereumに配置した時実行される関数(コンストラクタ)
  function Ownable() public {
        // msg.senderはコントラクト配置者のID、このIDをコントラクトのオーナーとして登録する。
    owner = msg.sender;
  }


  /**
   * @dev Throws if called by any account other than the owner.
   */
    // よく使う。コントラクトオーナーしか実行できない関数を実装するときに使うmodifier
  modifier onlyOwner() {
    require(msg.sender == owner);
    _;
  }


  /**
   * @dev Allows the current owner to transfer control of the contract to a newOwner.
   * @param newOwner The address to transfer ownership to.
   */
  function transferOwnership(address newOwner) public onlyOwner {
    require(newOwner != address(0));
    OwnershipTransferred(owner, newOwner);
    owner = newOwner;
  }

}

CryptoZombiesコード解説 Ownable」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。